福島地方水道用水供給企業団
リンク集お問い合わせ

災害対策

「大震災からいのちの水をまもる」発刊にあたって

 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、後に災害名を「東日本大震災」と名付けられ、県下全域に多大な被害をもたらし、企業団の施設も大きな被害を受けました。
 特に口径1,500ミリ基幹送水管からの漏水により、すべての受水施設への送水を停止せざるを得ない状況を招き、構成団体のみなさまにはご不便、ご不自由をおかけいたしました。
 これらの復旧対応に際し、早期に送水が再開できましたのは、関係機関のみなさまのご尽力によるものと、改めて感謝申し上げます。
 この冊子は、震災による被害の状況と復旧経過を次世代に引き継ぐためにまとめたもので、原子力災害への対応についても言及しております。
 私たち企業団は、震災から得た貴重な教訓を糧として、これからも摺上川ダムからの「安全でおいしい水」を将来的にわたり安定して供給するために、全力を注いでまいりますので、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、発刊にあたってのごあいさつといたします。

 平成25年2月

福島地方水道用水供給企業団

大震災からいのちの水をまもる

  1. はじめに
  2. 福島地方水道用水供給企業団とは
  3. 施設の概要
  4. 地震の概要
  5. 発災時の組織体制
  6. 状況の確認
  7. 被害の状況
  8. 各構成団体の被害状況
  9. 災害復旧費
  10. 応急給水活動
  11. 通水活動
  12. 受水施設復旧経過
  13. 電気、燃料の供給と関係機関対応
  14. 放射性物質への対応
  15. 放射性廃棄物の処理
  16. おわりに

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です
※両面印刷で印刷してください

災害対策計画

 災害の予防、災害応急対策、災害復旧等災害対策に関する必要事項を定め、防災の総合的かつ計画的な実施の促進を図り、用水供給事業の円滑な運営の確保を目的に災害対策計画を策定しています。

防災訓練

災害対策計画に基づき毎年1回防災訓練を実施しています。

 

応急復旧用資機材の備蓄について

災害に備えて、水道管等の修繕に、迅速に応急復旧できるように、平常時から復旧用資機材を緊急備蓄資材倉庫に備蓄しています。

復旧用資機材の写真 緊急備蓄資材倉庫内の写真

 

お問い合わせ先
施設管理課施設第二係
電話:024-541-4100
このページの先頭へ戻る