訓練等

令和3年度 防災訓練

 職員全員参加のもと、最大震度7の地震が発生し、企業団送水管4か所の漏水、道路の陥没が発生したとの想定で、災害対策本部設置・運営、被害調査・対応、情報伝達の各訓練を行いました。
 なお、大規模化、多様化する自然災害に対応しうる訓練内容とし、出水期前のこの時期の実施としたところです。

日時

令和3年5月19日(水) 午前9時00分~午後1時40分

参加人員

企業団職員 21名

運転管理業務受注者 7名 合計28名

災害及び被害の想定

  1. 西部幹線      (福島市小田字久保地内 Φ700mm)
  2. 東部幹線      (伊達市保原町柱田字武士沢地内 Φ500mm)
  3. 東和受水池線    (二本松市木幡字石谷地内 Φ200mm)
  4. 東部幹線2      (桑折町大字万正寺字清水前地内 Φ500mm)

訓練内容

(1)対策本部設置・運営訓練

  1. 対策本部の設置
  2. 対策本部会議

(2)被害調査・巡回点検訓練

  1. 取水・導水施設、浄水施設、送水施設(管路、増圧ポンプ所)の被害調査

(3)緊急対応訓練

  1. 緊急遮断弁、取水停止動作訓練
  2. 仕切弁動作訓練

(4)緊急対応訓練

  1. 構成団体及び関係機関とのFAXなどを利用した情報伝達訓練
  2. デジタルmcA無線を利用した情報伝達訓練

(5)応急救護訓練

  1. 負傷者救護訓練

本訓練の感想

 今年度の防災訓練は、大規模な震災による複数管路の漏水や、場内施設において負傷者が発生することなどを想定し、本部立ち上げから、実際の点検ルートで被害調査、緊急対応など実効性のある訓練を行うことにより、職員の危機対応能力、判断の能力向上を目指しました。
 訓練にあたった職員からは、出水期に備え開催時期を早めたことや、管路の具体的被害を想定したことについて有意義だったという意見が多く寄せられました。
 今後、訓練内容の詳細な検証を行い、災害対応準備や災害発生時の対応に繋げてまいります。

災害対策本部設置・運営訓練
災害対策本部設置・運営訓練の写真

 

被害調査・巡回点検訓練
被害調査・巡回点検訓練の写真
緊急対応訓練
緊急対応訓練の写真
情報伝達訓練
情報伝達訓練の写真

 

令和3年度 防災訓練(応急給水訓練)

 令和4年1月28日(金)に令和3年度防災訓練(応急給水訓練)を実施しました。
 当企業団の応急給水支援設備が設置してあるすりかみ浄水場、福島増圧ポンプ所、の2箇所において、各構成団体職員、運転管理受託者、企業団職員と合同で応急給水訓練を実施し、更なる連携強化を図るため実施したものであります。

日時

令和4年1月28日(金) 午後2時00分~午後3時00分

参加人員

構成団体職員 10名

運転管理受託者 4名

企業団職員 8名 合計22名

応急給水訓練内容

 各応急給水支援設備の操作方法及び給水タンク車への注水訓練を実施した。

すりかみ浄水場
すりかみ浄水場の写真
福島増圧ポンプ所
福島増圧ポンプ所の写真

 

令和3年度 消防訓練

 消防法及び福島地方水道用水供給企業団消防計画に基づき、すりかみ浄水場に勤務または出入りする人員の火災予防意識の高揚と、火災発生時に迅速かつ適切な対応により被害を最小限にとどめることが出来るよう、消防訓練を実施しました。

日時

令和4年3月9日(水) 午前9時30分~午前9時45分

参加人員

企業団職員   11名

運転管理業務受注者   1名

場内維持管理業務受注者   1名 合計13名

火災の想定

令和4年3月9日(水)午前9時31分、管理本館1階東側作業員室より出火。
同室に人員がいなかったため、火災感知器が発報し受信盤より感知の放送がされ、館内職員の知るところとなった。

訓練内容

火災想定訓練(総合訓練)

講評

(1)通報訓練

消防へ速やかに通報することが重要となる。
今回はスムーズに通報できたが、火災の状況により様々なケースが考えられるため、スムーズに消防へ通報できるよう日頃から心がけること。

(2)消火訓練

火災に際しては、初期消火が重要となる。
有事の際に速やかに対応できるよう、各人が役割を把握しておくこと。

(3)避難誘導訓練

今回はスムーズに避難誘導ができた。
有事の際には見学者や来庁者に対してもスムーズに避難誘導できるよう想定しておくこと。

(4)日頃から、火災を起こさないという心構えが大事である。

この訓練を機会に、それぞれの役割を再度確認すること。

通報訓練状況
通報訓練状況

 

消火訓練状況
消火訓練状況
避難誘導訓練状況
避難誘導訓練状
避難報告状況
避難報告状況

 

 

お問い合わせ先
総務課総務経理係
電話:024-541-4100
このページの先頭へ戻る